更年期障害の治療・副作用のない針治療-更年期障害治療

更年期障害ナビ 更年期障害の症状~治療、薬の知識

更年期障害の治療法のひとつに針治療があります。治療薬などで効果がでない方は、針治療を取り入れてみてはいかがでしょうか。

更年期障害-コラム-更年期障害治療

更年期障害の治療・副作用のない針治療

人間のカラダは年齢を重ねてくると様々な症状があらわれます。、特に女性の場合、疲れやすい、だるい、熱っぽくなる、めまい、やる気がおきないなどの不快な症状があらわれてきます。更年期障害と言われるものです。更年期障害の治療の一つに、針治療があります。針治療は、気の流れを整えるものです。薬を使った治療と比べ、副作用が起きる心配がありません。


病気で行われる治療は、西洋医学と東洋医学にわかれます。西洋医学での治療は、薬などが合わない事なども出てきますが、東洋医学ではこのような事は起こりません。針治療は、東洋医学になります。


卵巣は、加齢によって働きが悪くなります。針治療を行うことで、子宮の動きが正常になるので、女性ホルモンが少なくなることも防ぐ事が出来ます。なぜなら、脳下垂体の中にある子宮の活動を活発にする成分を増やしてくれる事が期待できるからです。


更年期障害は、加齢による女性ホルンが少なくなることで起きてくる症状なので、針治療はとても効果的な治療と言えるでしょう。針治療をすることにより、体を整えてくれるので免疫力が高まります。自分で治そうとする力がついてくる、ということです。針治療と聞くと、痛いのでは、と不安に思う方もいるでしょう。


針治療で用いられる針は、極細の針を使っているので、注射のような嫌な痛みはありません。針治療と併用して、日々の生活にも気をつけるようにしましょう。更年期障害が酷くならないように、高カロリー食は避け、軽い運動なども行いと良いですね。骨粗しょう症予防の為に、カルシウムの摂取も積極的に行いましょう。


スポンサードリンク


Copyright 2008-2013 更年期障害ナビ 更年期障害の症状~治療、薬の知識 All Rights Reserved.