更年期障害ナビ 更年期障害の症状〜治療、薬の知識

更年期障害かどうかを自分でチェックする方法について説明しています

更年期障害かどうか自分でチェックする

更年期障害は、まだ日本で認知度が高くないものですが、40代、50代の女性で、更年期障害に悩んでいる人は多くいることでしょう。40代から50代の女性で、不眠に陥っていたり、体調が良くなかったり、なんでもないことでイライラするようになったり、という人は、更年期障害のセルフチェックを行ってみると良いでしょう。

更年期障害のセルフチェックは、点数が異なる4段階の答えが、項目別にあります。自分が当てはまる症状の点数の合計から、更年期障害かどうかを確かめることが出来ます。 更年期障害のセルフチェックの項目となっているのは、顔のほてり、汗のかきやすさ、息切れ・動悸、寝つきの悪さ、怒りっぽい、憂鬱になる、めまい・頭痛・吐き気、疲れやすい・気力がないといった症状です。この7つの症状のうち、3つ当てはまるようであれば、更年期障害である可能性が高いと考えられます。

一般的に45歳ぐらいからと言われる更年期ですが、もっと若くとも更年期障害が現れるケースもあります。更年期と呼ばれる年齢でない人でも、セルフチェックで多く当てはまるようであれば、更年期障害を疑ってみる必要があります。逆に、更年期障害のセルフチェックで、更年期障害だと当てはまらなくても、こういった症状が強く見られるようであれば、病院を受診した方が良いと考えられます。更年期障害ではなくても、違う病気が体に隠れている可能性があるからです。



Copyright 2008-2013 更年期障害ナビ 更年期障害の症状〜治療、薬の知識 All Rights Reserved.